ミル・レーヴ オフィシャルブログ

ミルレーヴ ブログ
スキンケア / スカルプケア / スタッフのつぶやき

断捨離で社会貢献

2021年6月1日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

たんすに眠っている、もう何年も袖を通していない洋服、靴など、ゴミにするにはもったいないし、
リサイクルショップに持っていくのも面倒と処分に迷っていました。そんな時、あるチラシを発見。
『断捨離で社会貢献活動』がコンセプト。まずは洋服や靴などを回収するためのキットを購入します。
その購入金額が開発途上国の子供達15人分のワクチンとして寄付されるという仕組み。
そして回収された服は必要としている国々の人達に渡ります。きっと喜んでくれるでしょう。
私のメリットとしてはクローゼットがかなりすっきりして、気分もスッキリです。(アソウ)

レコードプレーヤー

2021年4月30日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

久しぶりにレコードが聴きたくて、“レコードプレーヤー”を買いました。
ストリーミングで音楽を楽しむことが多くなりましたが、原点回帰でレコードやカセットテープなどの
アナログコンテンツに若者も興味を持ち始めているとか。インスタントカメラの「写ルンです」も
再燃しています。幼い頃、重たいSP盤レコードを電気式蓄音機で聴いた記憶があります。
1948年に米コロンビアで33回転のレコードが発売になり、我が家にもポータブル電蓄が和室の床の間に、
デーン!と不似合ながらも登場しました。同じ曲でもレコードで試すと音が優しく耳に響き、
一音一音がとても鮮明に聴こえ感動しています。早速レコード屋に行き、
狭い店内の沢山のレコードの中からお目当てのミュージシャンを探すのが今の楽しみになっています。
多くの物がデジタル化で便利になる一方で、懐かしさや不便さも捨てきれずにいます。
(オオタマミコ)

絶対語感

2021年4月30日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

久しぶりに行った図書館で“絶対語感”の文字に惹かれ、外山滋比古氏の本を初めて読みました。
多分、子供を育てるお母さんに向けて『わが子に伝える“絶対語感”』を書かれたと思います。
一瞬、「遅かりし。」と感じましたが、分かりやすく論理的な内容に何度も頷きました。興味深い章では、
「日本人の絶対語感が縦書きの言葉を読むことによって育まれてきた。」と述べられています。
昭和27年、「公文章は横書きとすべし。」と命じられて以降、活字が全角であったこと、
タイプライターや大学ノート、そしてワープロの流れで横書きの文字が拡大したそうです。
はじめに、『美しいことばありき』の章から始まります。遅くはない、美しい言葉を身につけたい、
縦書きも心がけたいと教えられた一冊です。
(イッコウ)

オンライン美術館

2021年4月30日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

ルーブル美術館が保存施設に所蔵されている作品も含め約48万2,000点の作品を
無料でオンラインで公開しています。その他、世界各国の美術館や博物館でオンラインビューイングや
バーチャルツアーが行われており、360度見渡せるストリートビューによるツアーもあります。
実物を自分の目で見ること以上に、時間と距離を超えて名画を楽しむことができ、
解説を聞きながら名作を楽しめるといった、スマホによる新しいアート体験を楽しんでいます。
人間は欲深いもので、そうするとより実物を観たくなってりまうことも・・・。美術館ならではの雰囲気の中、
目の前にある作品の圧倒的な存在感を直に早く感じたいです。
それまでは、しばらくバーチャルで遊ぶことにします。
(サカイミワ)

口角を上げる

2021年4月30日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

先月、ゴルフのマスターズで松山英樹選手が優勝。各ニュースのトップで伝えられました。
ゴルフ好きの方々がテレビで長い時間をかけてプレーを振り返っていましたが、
その中でとても興味深いことがありました。今回、松山選手のプレー中に口角を上げるシーンが
非常に多かった点に注目され、『もしかしたら「チーム大坂なおみ」を見習ったのでは?』とのこと。
私はテニス好きなので大坂選手をここ数年見てきましたが、ピンチの時に指を口元にもっていき、
口角を上げるしぐさを見たことを思い出しました。繊細な彼女、以前はメソメソしたり、
ラケットに八つ当たりする場面もありましたが、ここ最近の大坂選手は心身ともにとても強い。
『口角を上げてメンタルを整える方法』、私達にも参考になりそうですね。
(アソウ)

鉄道で

2021年4月30日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

乗り物が大好きな息子と九州鉄道記念館に行ってきました。
九州と本州を結ぶ関門トンネルの近くに位置する北九州の門司港にあります。
建物は赤レンガ造りの初代九州鉄道本社社屋を転用しており、2014年には国の登録有形文化財に
登録されているそうで、とてもレトロな雰囲気を味わえます。実物の蒸気機関車は迫力満点で、
昔ながらの鉄道用具・駅員の制服なども展示されており、鉄道好きではなくても興奮してしまいました。
日本の鉄道の博物館では全国初であるミニ鉄道公園では模型鉄道車両の操縦が楽しめ、
鉄道好きの息子は操縦したことを度々得意げに話してくれます。一日も早く本物の鉄道に乗って、
気兼ねなく旅を楽しめる日々が過ごせることを願うばかりです。
(オオタヨウスケ)

春散歩

2021年4月8日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

お出かけしたくなる気持ちの良い季節になりました。ここ1年、なかなか遠出は難しかったので
毎日少しの時間でも散歩をするようになりました。ウォーキングではなく、あくまでもお散歩。
週末は、コーヒー、水、本、たまに軽食をリュックに入れて。都心から近いのですが、博物館、図書館、
海も川も近くにあるので散歩コースは選び放題。ほどよく陽の当たるベンチには、
私と同じように本を読みながら時間を過ごしている方も。子供たちの楽しそうに遊ぶ声、波や風の音、
たまーに登場する野良猫。ストレス解消には、自然が一番です。移動距離は大体4~5,000メートル、
歩数は5~6,000歩前後、消費カロリー約200カロリー、かかったお金0。
制限された生活の中で見つけた近所の良いところ。趣味の1つになりました。
(オオタマミコ)

文房具

2021年4月8日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

幾つになっても、わくわくしながら入るお店は文具店。
ども時代、小学校の近くには必ず文房具店がありました。
10円を手にして、新しい鉛筆、消しゴム、ノート等を長い時間かけて選んでいました。
(中学入学時、お祝いに万年筆を贈られただけでちょっと大人っぽくなったような気がしました。)
56年前、高校入学のお祝いに、友人のお母さんから頂いた紺色の革製のペンケースは、
ファスナーが一部壊れましたが、今も現役で手元に置いています。手元にもう一つ、
義母が使っていたセルロイドの筆箱も、、、「ぶんた印」と彫られています。思えば、筆箱やペンケースは
筆記具を守る器です。現代の子供たちにも伝わるでしょうか。書き続けて欲しいという願いを込めて、
この春中学入学の孫へ深いブルーの革製ペンケースを贈りました。
(イッコウ)

ヘアドネーション

2021年4月8日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

私は長期間同じ髪型を出来ない性分で、すぐに短く切りたくなってしまいいつもショートヘア。
しかし、ショートヘアが似合う友人が髪を伸ばしヘアドネーションをしたことで、私も興味を持ち始めました。
ヘアドネーションは、小児がんや先天性の脱毛症、不慮の事故などで頭髪を失った子供のために、
寄付された毛髪で医療用ウィッグを作り、無償で提供する活動。一つの製作に50~100人分の髪が要る。
現在18歳以下の約620人の子どもたちが提供を待っており、希望する全員に行き渡るためには
数万人分の髪が必要だということ。今こうやって髪を伸ばすと意気込んでいても、きっと乾かすのが面倒になり
『切りたい!』と思ってしまいそうですが・・・。役に立てるのであれば、出来るだけ健康な髪をと思いながら、
頭皮ケアに勤しんでいます。
(サカイミワ)

料理自慢

2021年4月8日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

嬉しいことに、外食を自粛している間に、料理の腕前がメキメキと上達してしまいました(笑)。
姉夫婦から立派な和牛のブロック肉をもらったので、悩み抜いた結果、和牛のタタキに挑戦。
火の入れ加減が難しいらしく、失敗しないよう入念にレシピを調べました。常温に戻し、下味を付け、
表面に強火で焼き目を付けてから、ホイルに包み余熱を通しながら休ませます。その後、
しばらく冷蔵庫で冷ましたら完成です。中がどうなっているのか分からないので恐る恐るナイフを入れると、
鮮やかなピンクの断面が顔を出しました。味も見た目も上出来です!後日、応用編でチャーシューを作り、
ラーメンにトッピングしたりと、まだまだ家ご飯に飽きずに過ごせそうです。
(オオタヨウスケ)

最近の記事

カテゴリ

月別記事