ミル・レーヴ オフィシャルブログ

ミルレーヴ ブログ
スキンケア / スカルプケア / スタッフのつぶやき

冬は煮込み

2018年12月3日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

先日、念願の調理器具を手に入れました。ずっと使ってみたいと思っていた圧力鍋です。
私が生まれて初めて家族で行った焼肉屋さんのテールスープの味が忘れられず、
いつか自分で作ってみたいと思っていました。早速手に入れた圧力鍋を使い、
記憶を辿りながら作ったのはタマネギとテール肉のシンプルなスープですが、
素材の旨みが引き出されとても美味しく感じました。続いて牛スジカレーも作りましたが、
調理時間も短縮できて、今更ながら本当に便利ですね。
温かいものが欲しくなるこれからの季節に重宝しそうです。

(ヨウスケ)

懐かしい手間

2018年12月3日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

1ヵ月間で多くの行事がある12月。大掃除、年賀状の準備、忘年会、おせちの準備、心身ともにぐったりします。
ただ大掃除は便利グッズで時短、年賀状もプリントで時短、おせちもお店で購入して時短・・・
なんでも時短で助かる時代です。でも、何となく昔が懐かしくなる事も。
私が子供の頃は今のように切り餅が売っていなかったので、平べったいのし餅を
母や姉とおしゃべりしながら一緒に切って、切れ端は揚げておやつに食べたり。
この時ばかりは思いっきり障子を破り、キレイに張り替えのお手伝いをしたり。
これが毎年の恒例行事の中で、楽しくて仕方ありませんでした。
便利になることでなくなりつつある懐かしき手間。ただ、今の私は時短を選びます。
(アソウ)

手書きの手紙

2018年11月1日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

メールやSNSの時代に、あえての手紙の通信手段!?手紙は面倒?でも、便箋、封筒、
そして仕上げの切手を選ぶ工程に心が躍ります。そこまではしなくても、
留守を待つ子供へのおやつに添える雑誌裏への走り書きに始まり、
単身赴任時代の家族に残す家事依頼の置手紙。ホテル暮らし時代の清掃の方へのお礼メッセージ。
下手なこの字で恥ずかしげもなく、よく書きまくってきたものです。お陰様というか、
我が家はこまめにメッセージを送りあうことが日常となり、ほっこりコミュニケーションしています。
(オオタマミコ)

ミルクガラス

2018年11月1日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

15年ほど前から集めているヴィンテージミルクガラス。アメリカのさまざまなガラス食器メーカーで、
1940年代~1970年代後半まで製造、1960年代は全盛期となりました。
アメリカへ行く度に少しずつ集めています。ミルクガラスは「ホウケイ酸ガラス」と言う、
耐熱性の大変高いガラスでできた、当時唯一の耐熱ガラス製品。だから、ひび割れを気にすることなく使えるし、
パイ皿や保存容器は、オーブンやレンジでも活用してくれます。
私は、このミルクガラスをきっかけに、オーブン料理にも挑戦するようになりました。
ファイヤーキングやパイレックスが有名ですが、私はハンドメイドのフェントンの美しいデザインに
心惹かれています。フェントンはちょっと高価なので、楽しみに集めていきたいです。
(サカイミワ)

初心者マーク

2018年11月1日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

80代の母が次から次へと新しいことを始めていることに刺激を受け、私も始めてみました。
まずは「ボクササイズ(シャドーボクシングようなもの)」。通っているジムでのレッスンなのですが、
とにかく楽しい。
ベテランの方々の中の初心者なので一人おどおど感がありますが、脳トレにもなるし、
運動量も多く、
終わったら汗びっしょり。ストレス発散でなんともいえない爽快感。
私より年上の方々も頑張っているので、
負けずに続けてみようと思っています。
もう一つは「クロスステッチ」。友人に誘われて体験コースを申し込んでみました。
テレビで観た刺繍の世界に魅せられていたので、興味深々です。しかしお裁縫苦手な私、どうなることやら。
年齢と共に初心者マークをつけることに躊躇うこともありますが、色々なことにチャレンジしていきたいです。
(アソウ)

生命力

2018年11月1日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

「雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ・・・」植物の生命力にはいつもそう感じます。
この夏、一年前に路地で採った真っ白い朝顔の種と3年前に孫が育てた朝顔の種、
そして20年近くなる朝顔の種を蒔きました。しばらくすると、土を押し上げるように沢山の芽が出てきました。
鉢に植え替え、支柱を立て、水を遣りながら毎日眺めていると、ある夏の朝から少しずつポツリポツリと
咲き始めました。水色、紫、薄紅色、そして白い朝顔も。中国原産の朝顔は、奈良時代に渡来。
「朝容」または「朝の美人さん」とも言われているそうです。眠っていたあの小さな種に
どんな生命力が蓄えられていたのでしょう。秋風が吹く10月半ば過ぎ、紫の小さな花が今年の最後の花でした。
季節外れでしたが、花が終わるまでと思い玄関に掛けていた亡き母の朝顔の水墨画をようやく替えました。
今、種が大きく熟するまで待っています。
(イッコウ)

秋のプチ旅行

2018年11月1日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

たまには満開の花畑の風景が見たいなと思い立ち、能古島へコスモスを見に行きました。
能古島は、博多湾に浮かぶ4㎢程の島で福岡市内からフェリーで約10分で行ける都会のオアシスです。
コスモスのシーズンに行くのは初めてでしたが、フェリー乗り場の人の行列に驚き、
急遽水上タクシーの案内を見つけ、そちらに乗り込みました。市営渡船であれば約10分で到着する距離を、
水上タクシーはなんと3分!猛烈なスピードで走り抜けることを知らずに乗った私たちは、
船の揺れと巻き上げる水飛沫に悲鳴を上げながらも無事に到着することができました。
春は菜の花、夏はひまわり、冬は水仙が一面に咲き誇るそうです。
80万本のコスモスで何とも言えないピンク色に染まった島と、海の青さのコントラストは、
私が今まで見た中でも心に残る風景のひとつになりました。
(オオタヨウスケ)

60代の勉強会

2018年10月1日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

昔、職場の大先輩に、
「仕事上のミーティングも大切だが、アフターファイブの“飲みにケーション”も大切だぞ!(笑)」

と教えられてから、特にこれは守り続けています♡幸いお得意先の方もお酒が好きな方が多く、
会話は無限に展開していきます。先日の広告代理店・カメラマンとの時間は「もう一度勉強がしたい。」
という会話から始まり、80代になる恩師に世界史を習おうというところまで行きつきました。
海外との交流が仕事上多い彼は、仕事をする国の歴史、その国と日本の関係を70歳を目前にして
知りたいと思う機会が増えたそうです。80代の恩師と60代の生徒たち。想像しただけでも笑えますが、
カチカチの脳ミソに少し刺激を与えてみます!!
(マミコ)

スポーツの秋?食欲の秋?

2018年10月1日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

秋は一年の内で一番好きな季節です。活動的な夏が過ぎて秋がやって来ると、街も静かになり、
洋品店を覗くと茶色や煉瓦色の秋色にほっこりしてします。
スーパーにはスイカや、トマト、ゴーヤなどの夏カラーから、サツマイモ、栗、カボチャ、
柿などの秋カラーが並び。夕暮れになると何故か物悲しく、読書でもしてみようかと本屋さんに立ち寄ったりと、
夏とは違う心境になります。体を動かすのも気持ちが良く、先日は公園でのヨガに参加してきました。
木陰でサラサラと風に揺れる葉音に耳を澄まし、緑や土の匂いを感じながら澄んだ空気をたっぷり吸い込み、
体の中から元気になる気がします。自然と食欲も湧いて来ます。秋は私の好物が沢山!!
今年は、干し芋作りにチャレンジしてみようかなぁ~~なんて考えています。
(フナコシ)

 

キャンプ飯

2018年10月1日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

定期的に行っているキャンプ。ここ2~3年でテレビや雑誌でキャンプ特集が組まれ、
第二次キャンプブームの到来だそうです。グランピング(自然環境の中でホテル並みの豪華で、
快適なサービスが受けられるもの)が誕生していますが、今後はキャンプの原点に帰った野性的、
サバイバル的な自然そのものを楽しむキャンプが流行るそうです。2017年の国内アウトドア市場は
年間4,398億3,000万円とされ、2018年も上昇傾向にあるそう。キャンプで楽しみにしているのは、
なんと言っても“キャンプ飯”。出来るだけ、現地では焼いたり和えたり、
温めたりするだけに準備していくのがポイント。
定番の肉料理の他に、ピザ、シチューなど。
朝はホットサンドやホットドッグ。
毎回違う料理に挑戦するようにしています。
何かキャンプ飯でお薦めのものがあったら、是非教えてください!!

(ミワ)

最近の記事

カテゴリ

月別記事