ミル・レーヴ オフィシャルブログ

ミルレーヴ ブログ
スキンケア / スカルプケア / スタッフのつぶやき

秋の音楽会

2020年11月2日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

自宅の近くに博物館と図書館があります。福岡市博物館は今年開館30周年なので、私が40歳の頃に
博物館の開館イベントで“コシノジュンコ”のファッションショーに行ったことを思い出し、
出かけてみることにしました。その日は100名だけの室内楽ミニコンサートが開催されており、
久しぶりに生の音楽を聴くことができました。指揮者、ヴィオリスト、室内楽奏者、そして教育者としても
高く評価されている“大山平一郎氏”が曲や作曲家の説明をユーモアを交えながら分かりやすく
話して下さったので、クラッシック初心者の私も、いつもよりもイメージを豊かに感じることができました。
自宅に戻り、今日知った作曲家たち(ヴァルター・ギーゼキングやアレクサンドル・ボロディン)を
YouTubeで検索し、針の音が混じった懐かしいレコードの音色にしっとりと浸ったのでした。(オオタマミコ)

畳替え

2020年11月2日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

「確かな技術力と長年の信頼が誇りです。」福岡県畳工業組合のチラシです。“終の畳”としてふと思い立ち、
10月半ばに依頼しました。この道50年の職人さんはすべての作業を一人で請け負っておられるとか。
朝早く古い畳を作業場へ運び、表替えをして、午後には仕上げて見事に敷き詰めて帰られました。
畳床の藁、畳表の藺草は共に中空の構造の為、弾力性、断熱性、保温性に優れ、湿度調整の機能、
二酸化窒素を吸収する空気清浄の効果もあるそうです。すきま風が吹き、土壁の我が家にはふさわしい畳です。
畳床の下に敷いていた新聞の日付は1989年、31年前です。畳を外した31年前の床板を掃除しながら、
子供の頃畳職人の技をずーっと見ていたこと、不器用な父が襖を張り替えた様子を思い出しました。
新しい畳の匂いに、大きく息を吸うとお正月が近くなったような気がしました。(イッコウ)

Go toトラベル

2020年11月2日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

Go toトラベルを利用して、京都と大阪に旅行に行ってきました。新幹線は、1席ずつ空けて密にならないように。
行きたかった京都国際写真祭は、来場者数が多くなる会場は事前予約&コロナ追跡アプリ。
リニューアルした京セラ美術館も予約制でゆっくりと観賞できました。飲食店は開放的に入口や窓全開で、
テラスがあるお店は特に賑わっており、10月だったので風を感じながら心地よく食事を堪能!
コロナ後のニューノーマル時代をより快適に受け入れていくために、節度を守りながら楽しめる方法を
探せるといいですね。写真は、京都国際写真祭に出展された、私の好きな香港の映画監督
“ウォン・カーウァイ氏”の元専属カメラマンの作品です。薄暗い町屋の中に帯状に展示されており、
香港映画特有の色づかいがとても幻想的でした。Go toトラベルをして感じたことは、
他県の方の迷惑にならないようにコロナ対策をしようと再認識して過ごせたことです。(サカイミワ)

映画鑑賞

2020年11月2日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

私の行く美容室では、シャンプールームに映画が流れています。シャンプーの間しか見ることが出来ないので、
いつも続きがとても気になってしまいます。先日、あまりにも続きが気になったので、
美容室の帰りにレンタルして帰りました。その作品は、「最高の人生の見つけ方」。
家族の為に地道に生きてきたカーターと、一見傲慢な大富豪のエドワードが、
偶然隣り合わせの病院のベッドで出会い、互いに余命宣告をされたことをきっかけに、
「死ぬまでにやりたいことリスト(通称“棺桶リスト“)」を作成し、最後の旅に出るというあらすじです。
興味を持った方々に是非見てほしいのでこれ以上は言えません(笑)!“死”という重たいテーマを扱いながらも、
立場を越えた男同士の友情に熱くなり、前向きな気持ちになれるおすすめの作品です。
(オオタヨウスケ)

もっと緊張感を

2020年11月2日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

どうせマスクするから、人と会わないから、と以前より身なりを気にすることがなくなった最近の私。
メイクもおろそかに、帽子を被れば少し髪がはねてても気にしない。
そんな自分を省みるちょっとした出会いがありました。出会いといっても一方的に見惚れてしまったのですが、
スーパーへ買い物に出かけた時の事。長いレインコートに、そのコートの色とコーディネートしたマスクを
着用されて、前から颯爽と歩くご婦人の姿のなんて素敵なこと!最近の自分に欠けていた緊張感を思い起こさせて
くれました。たかがスーパーかもしれませんが、その佇まいの美しさに『潤い』が感じられました。
こんな時でも生活に潤いを持つこと、とても大切なことですね。(アソウ)

小さきものはみなうつくし・・・

2020年10月1日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

整理整頓、断捨離に飽き(結局出しては仕舞うだけ)、好きで集めた豆皿をゆっくり眺めて見ることにしました。
“豆皿”は、手のひらにすっぽりと収まってしまう小さな皿ですが、大きな器と同じ工程でつくられていて、
何ひとつ省かれた作業はありません。小さな皿の中に、余白の美や空、風、緑、水、生き物、行事、
季節を感じたり、皿の形も様々です。食事の際に、豆皿に珍味の数々を盛って並べると「お酒がススム~!!」。
お茶の際には、小さなお菓子を一つずつ洋でも和でもちょこんと載せるだけで可愛くてテンションが上がります。
日本人の美意識と技を小さな世界に感じます。約300年前から人から人の手を大切に渡って
私のところに来たと思うと尊さが増します。(おおたまみこ)

糠生活に再挑戦

2020年10月1日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

「糟糠の妻は堂より下さず」とは程遠い私ですが40年以上ぶりに糠みそ漬を始めました。
冷蔵庫でも充分発酵する、雪室貯蔵の新潟県産コシヒカリの糠、雪国生まれの乳酸菌(ウオヌマ株)を
使用している糠に出会ったからです。若い頃、未熟な私は大失敗をし、二度とできない!と諦めていました。
琺瑯の蓋付き容器に入れ、夏の定番胡瓜、茄子、人参、固ゆでのオクラ、セロリも試してみました。
酸に弱いチフス菌、大腸菌は糠みその酸の作用で死滅し、野菜は完璧な消毒をしなくても、
食べ頃にはすっかり殺菌されているとか。何代も受け継がれている糠床もありますが、
新入りの我が家の味はどんな味になっていくのでしょう。山椒の実と赤唐辛子を入れる頃合いを考えています。
食欲の秋、ご飯のお供が仲間入りしました。(いっこう)

新たな勉強方法

2020年10月1日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

未だ海外旅行には行くことが出来ないので、こんな時こそ英会話の勉強をしよう!と意気込んでいます。
海外旅行から帰国するたびに、「もっと英語が喋れれば。」と思い始めた英会話も続かず終了。
テキストを見ながらの勉強もなかなか気が乗りません。今のおススメはyoutubeで気軽に短時間で
英会話動画を観ること。海外ドラマを会話を意識しながら観ることもしています。
学生の頃は全く勉強をしなかったくせに、今頃になって「あの時、真面目に勉強しておけばよかった。」
なんて嘆いても仕方がないことですが、大人になった今の方が学ぶって楽しいって思えるようになりました。
きちんと勉強して早く実践できるといいな。500円玉貯金頑張って旅行資金を貯めようと思います。
(サカイミワ)

誕生日は

2020年10月1日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

先月誕生日を迎えました。何となくその日に起こった出来事に興味を持ち調べてみたところ、
その日は「国際平和デー」という記念日でした。奇しくも私が生まれた1981(昭和56)年に、
コスタリカの発案により国連総会によって制定されたらしく、当初は国連の通常総会開催日である、
9月第3火曜日でしたが、2002(平成14)年からは9月21日に固定されたとのことです。
この日は「世界の停戦と非暴力の日」として実施され、敵対行為を停止するよう全ての国や
全ての人々に呼び掛けています。歳を重ねるとともに自分の年齢やプレゼントへの関心も薄れてきましたが、
これからはこの日を平和に迎えられたことに感謝する日にしたいと思います。
(おおたようすけ)

フランス旅行

2020年10月1日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

9月の4連休、フランス旅行へ。といっても、もちろんオンラインで。
作家の辻仁成さんがオンラインツアーをプロデュース・ナビゲートされ、現地のガイドさんと一緒に
様々な景色や興味深い歴史を現地から紹介してくれました。
1日目のパリツアーは参加出来なかったのですが、私は2日目のヴェルサイユ宮殿ツアーに参加、無料でした!
もちろん生中継で、そしてなんとこのツアーのために宮殿内を貸切に。
王の部屋~鏡の間~マリーアントワネットの部屋など、豪華絢爛なツアーを堪能しました。
オンラインの1時間は長いかなと思っていましたが、あっという間でまだまだ時間が足りないくらい。
新しい形の旅行は想像以上に楽しめました。(アソウ)

最近の記事

カテゴリ

月別記事