ミル・レーヴ オフィシャルブログ

ミルレーヴ ブログ
スキンケア / スカルプケア / スタッフのつぶやき

一日一日

2022年7月1日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

小学生時代の同窓生との集いを始めてから、かれこれ10年近くになります。60代の頃は、
皆元気で2ヵ月毎の割合で盛り上がっていました。しかし70代に入り、さらにコロナ禍でもあったことから
2年ぶりに集うことができました。残念ながらその再会は幼稚園から親しかった友人のお別れの場。
皆で頻繁に会っていたので、弔いは形式的なものではなく、思い出話をしながら泣いたり笑ったりと、
偲びつつも穏やかな式でした。そして自然に友人たちから出た言葉は『今しかない!!』ということ。
『いつか、また会おう。』の挨拶ではなく、会った時には、次に会う日を決めよう。
これは、後ろ向きな悲しい気持ちではなく、限られた時間を楽しもうという前向きな気持ちです。
まだまだやりたいことも、行きたいところも沢山あるし~!仕事もバリバリやりますよ!!
一日一日を大切にしていきたいと思います。 (オオタマミコ)

夏の庭仕事

2022年7月1日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

夏の庭仕事は水遣りです。手順の一番は蚊取り線香に火をつけ、煙が立ち上ったこと確かめて庭仕事開始。
頂きものの絣のもんぺを穿き、首に保冷剤入りの日本手拭いを巻き、養蜂家のように網で顔面を覆う帽子を被り、
「いざ!」と小さな庭に出ます。頭上に滞空飛行をしながらブンブンと羽音をたてているクマバチ、
ミツバチが南天の蜜を集めています。苔の上に南天の白い花びらが雪のように散り、盛夏へ向かう季節です。
今年は初めて、ミニトマト・胡瓜・ピーマンを鉢植えにして仲間入り。ピーマンは小さな白い花、
ミニトマトと胡瓜は私の背丈以上に伸びて黄色い花を幾つもつけています。
初めての収穫を楽しみにしながら双葉が伸びてきた朝顔の準備もしなくてはと、
涼しげながら汗びっしょりの作業です。(イッコウ)

やっと

2022年7月1日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

やっと私の大好きなコンサートやライブが再開してきました。エンタテイメントに関しては、
コロナ禍で良かったこともあります。それは収容人数の制限があったため、隣の人を気にしないで楽しめること。
また、なかなか見れないアーティストもオンラインで楽しむことができたこと。
でもやっぱり私は会場の空気感が好きなので、生で演者を観賞してくてウズウズしていました。
7月はアメリカのジャズミュージシャン“ブラッド・メルドー”、8月は山下達郎、
9月は野外ライブイベントと落語と続きます。文化芸術・スポーツ・エンタテイメントは、
不要不急ではありませんが、心を豊かにしてくれるものです。思いっきり楽しみたいと思います。(サカイミワ)

僕のリフレッシュ法

2022年7月1日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

蒸し暑い日が続いていますが、こんな季節は唐揚げとキンキンに冷えたビールの組み合わせなんて最高ですね。
私のリフレッシュ方法は、ひとりでキッチンに立ち、料理に没頭すること。その中でも唐揚げは、
これまで何度作っても満点と言えるものはできていません。やはり揚げ物は他の料理と違い、
完成するまで味見をしたり、途中で出来栄えをチェックすることがしづらいのが難点です。
特に衣に関しては奥が深いですね。片栗粉を薄くはたいたようなシンプルでカリッとした仕上がりに憧れますが、
試行錯誤の末に私が辿り着いたのは、全卵と小麦粉を絡めてから、仕上げに片栗粉を纏わせるレシピです。
このやり方が最も失敗がなく揚げるコツも不要に感じます。そのままでも美味しいですが、
最近はシラチャーソースというタイの調味料にハマっています。ちなみに、唐揚げと言えば鶏肉が定番ですが、
タコの唐揚げも最高にお酒に合いますよ。是非お試しください。(オオタヨウスケ)

骨密度検査

2022年7月1日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

婦人科検診のついでに骨密度検査。3年前は先生から『ハナマル』を頂きました。
その当時はコロナ前でもあったのでスポーツジムでの運動に励んでいました。
その翌年は『ハナマル』から『二重マル』に下がったもののまだまだセーフ。そしていよいよ今年の結果・・・
とうとう『△』に降格してしまいました。骨密度減少は骨折などの問題以外に、たるみやハリの低下など
美容面でも影響を与えます。適度な日光浴、栄養面、そして何より大切なのは運動による振動で、
骨を強化するためにかかとに少し負荷がかかるような運動を、とアドバイスを頂きました。
一度下がった骨密度は元に戻ることは出来ず、ただこれ以上下がらないための努力が必要とのこと。
健康寿命のために頑張ります!(アソウ)

乾椎茸

2022年6月1日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

毎年やってくる健康診断の日。やっぱり苦手です。前日から粗食なので、検査後のお粥を楽しみに受診します。
お出汁は乾椎茸と昆布。付け合せはぽってりとした南高梅の梅干し。
日本に生まれて良かった!!と思ってしまうほどです。大分県は日本一の原木乾椎茸の産地で、
全国の生産量の半数を占め、品評会では19年連続優勝でトータル51回の優勝だそうです。
私は椎茸が大好きなため大分から取り寄せています。ここで、皆様に乾椎茸についての豆知識を。
★乾椎茸は洗って使うの?⇒洗わないで大丈夫。原木に植えた菌から発生しているので無農薬。
★上手な戻し方は?⇒水温が大切。冷蔵庫(5℃位)で、香信は5時間、
冬菇は10時間位ゆっくり時間をかけるのがベスト。
大分県では、乾椎茸の料理作品コンクールがあり、最優秀賞の椎茸ドリアはとっても美味しくおススメです。
(オオタマミコ)

旅行と骨董

2022年6月1日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

久しぶりに母と二人で旅行に行きました。仕事を一緒にしているので衝突することもありますが、
プライベートは常に優しい気持ちで(笑)。骨董好きの母に影響されて、海外でも国内でも旅行に行く度に
骨董市や骨董店を覗くようにしています。海外からアンティーク照明を持ち帰ったことも。
私の骨董デビューは富山県で買った“古九谷”。若かったので染付の地味な色味よりも、
九谷の鮮やかな色合いに惹かれました。今回の旅でも古道具屋さんに入り、チームプレー開始。
私は知識がないので、気に入った物を母に教え、母は上手に交渉を進めます。
今回は計4点+お店の方のおまけで蕎麦猪口1点。大鉢まで購入したので、
電車での道のり4時間半をうんとこどっこいしょ。数々の戦利品は、母との旅行の思い出です。
母が元気なうちに、骨董の話や交渉話術も教えてもらわないと。母の日に、そんなことを思ったのでした。
(サカイミワ)

ヘラルボニー展へ

2022年6月1日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

『ヘラルボニー』、ある知的障害者の方が発した言葉で、意味はご家族にもわからないそう。
その方の双子の弟さん達がお兄さんの画の才能を多くの人に届けたいと、
福祉実験ユニット『ヘラルボニープロジェクト』を立ち上げました。私は作品が紹介されている記事をみて
『カラフルな北欧デザインかな?』と思ったのですが、さらに記事を読み進めると何とも興味深い!
知的障害者の方々の研ぎ澄まされた集中力はよく知られていますが、何にも縛られず自由に描く
才能豊かな作品が福祉施設を飛び出して街を彩ったり、様々なグッズのデザインに採用されたり、
ホテルのファブリックに使われたりしているとのこと。彼らの自立を助けるだけでなく、
私たちが素晴らしい才能に触れることが出来る素晴らしい展示会でした。
(アソウ)

母の日、父の日

2022年6月1日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

「お母さん、お菓子と日本酒どっちがいい?」と娘が聞きます。私は即答、「日本酒かな!。」
早々に、お婿さんが選んだ一升瓶を届けてくれました。5月8日その日に口を切り、美味しくいただきました。
小学校2年生の孫(男の子)は、娘に「ママ、僕が生まれた時、何をしていたの?」と問い、
一瞬言葉が出なかったそうです。幼稚園生の頃は、「ママは、僕の宝物なんだよ。」と話していました。
アメリカ合衆国の南北戦争終結後に、最初に『母の日』、その後『父の日』が記念日として制定されたそうです。
が、遥か昔きっと人が生まれたその瞬間から、父母から子へ、子から父母へ、
お互い通い合う感情も生まれたと信じています。百代の時を超えて脈々と流れている何かが
私を造っていると年と共に感じています。飲めない主人への贈りものは何でしょう・・・。
(イッコウ)

旬のもの

2022年6月1日│カテゴリ - つぶやき , ブログ

先日、幼少期ぶりにイチゴ狩りに出掛けてきました。その農園では、福岡の代表的な品種である
“あまおう”を始めとした数種類が食べ放題で味わえます。私は、子供の頃イチゴ狩りに行くまで
イチゴが苦手だったのですが、現地で自分の手で摘んで食べた日からイチゴを食べられるようになりました。
四季があり、海と山の幸に恵まれた食材の宝庫である日本に生まれたからには、
現地での新鮮な食材や本当に美味しいものを口にせずに、食わず嫌いをしてはもったいないですよね。
そういう私も、食に対しては慎重派ですが、これからはもっと未知の食材との出会いに挑戦したいと思います。
(オオタヨウスケ)

最近の記事

カテゴリ

月別記事